ヒゲ脱毛完全攻略バイブル!

~初めてのヒゲ脱毛で絶対失敗しないために大切な事~

ヒゲ脱毛の基礎知識

ヒゲ脱毛における肌トラブルのリスクと対処法について(毛嚢炎、火傷、硬毛化、etc.)

投稿日:

ヒゲ脱毛にはリスクが伴う

 

程度の差こそあれ、何事にもリスクは付き物。

 

ヒゲ脱毛においてもそれは例外ではありません。

 

技術の進歩とともに、日に日に安全性は高まっていく傾向にありますが、それでもなお100%完全にリスクを取り払うのは難しいでしょう。

 

出力の高いレーザー機器を使用する以上、多少の危険性は伴うものなのです。

 

今回は、ヒゲ脱毛によって起こり得る肌トラブルのリスクやその対処法について詳しくお伝えしたいと思います。

 

後で取り返しのつかない事態にならぬよう、しっかりと理解しておきましょう。

 

 

ヒゲ脱毛で起こりう得る肌トラブル

 

ヒゲ脱毛において起こり得る肌トラブルは大きく分けて以下の3つです。

 

・毛嚢炎

・火傷

・硬毛化

 

①毛嚢炎

 

 

「毛嚢炎(もうのうえん)」とは、毛穴の奥にブドウ球菌などの細菌が入り込む事で発症する症状の事。

 

ブツブツと赤みを伴った炎症で、パッと見ニキビに似ています。

 

通常、健康な状態の肌ではバリア機能が働いているため、細菌の侵入は防がれています。

 

しかし、レーザー照射によって肌がダメージを受けると、そのバリア機能が低下して細菌が入りやすくなってしまうのです。

 

対処法

極力触らないようにする

クリニックで薬をもらう

規則正しい生活を心がけて免疫力を高める

 

基本的には一時的な症状に過ぎないので、自然治癒を待つのが最も好ましいでしょう。

 

大抵の場合は数日、長くても1週間ほどで治まる場合がほとんどです。

 

逆に、気にし過ぎるあまり、潰したり引っ掻いたりするとさらに悪化する可能性が高いので注意してください。

 

もし、あまりにも症状が長引くようであれば、施術を受けたクリニックに伝える事で炎症を抑える薬がもらえずはずなので、遠慮なく利用しましょう。

 

 

 

②火傷

 

レーザー脱毛の仕組みは、黒いメラニン色素に反応するレーザーを照射して毛根を破壊するというもの。

 

その際に生じる「熱」が原因で火傷を負ってしまう事があります。

 

最近ではレーザー機器自体の精度も高くなっているため、昔に比べればそのリスクはかなり下がったと言われていますが、それでもゼロではありません。

 

特に日焼けなどをしている方の場合、レーザーが過剰に反応してしまい、火傷のリスクが高まると言われています。

 

 

対処法

照射技術の優れたクリニックを選ぶ

紫外線に注意して日焼けしないようにする

火傷を発見した場合はすぐに医師へ相談する

 

万が一火傷を負ってしまった場合、下手に自分で何とかしようとせず、早急にクリニックの医師へ相談しましょう。

 

ヒゲ脱毛が原因で生じたものであれば、基本的にはクリニック側の責任であるため、治療費を請求される事はありません。

 

また、火傷は施術者の技術による部分が大きいため、なるべく技術力の高い大手クリニックを選ぶとより安心ですね。

 

 

③硬毛化

 

毛嚢炎や火傷に比べれば可能性は低めですが、ごくまれに硬毛化と呼ばれる症状が起こる場合があります。

 

硬毛化とは、字のごとく毛が硬化する現象の事です。

 

人によっては、産毛が濃くなったり、今まで生えていなかった部分から新たに毛が生えてしまったりするケースも見られます。

 

困った事に、未だハッキリとした医学的根拠が見つかっておらず、一定の確率で起こり得る症状です。

 

 

対処法

継続して脱毛を受け続ける

 

現状、特にこれといった対処法は無く、基本的には継続的に脱毛を繰り返す事で改善される場合がほとんどと言われています。

 

というのも、毛が硬くなる事で、よりレーザーが強く反応しやすくなるからです。

 

硬毛化はどれだけ注意を払ったところで起こり得る症状であるため、多くのクリニックでは無償で対応してれます。

 

よって、それほど不安がる必要は無いでしょう。

 

症状を発見し次第、担当の医師に伝えれば大丈夫です。

 

 

まとめ

 

以上、ヒゲ脱毛における肌トラブルのリスク、およびその対処法についてお伝えさせていただきました。

 

いずれも重度な症状へと進展する可能性は低く、基本的には早期発見・早期治療によって解決するものがほとんどです。

 

そのため、リスクがあるとはいえ、過度な心配は不要でしょう。

 

そもそも、そんなに危険性の高いものであるならば、これほど世に広まっているはずもありません。

 

安全性が高いからこそ、多くの人に受け入れられているのです。

 

今回は基礎知識を身に着けるという意味でも、リスクについてやや詳しく触れましたが、どうか不安がらないでいただければと思います。

 

それぞれの原因・対処法を知り、自分でできる対策は万全に行いましょう。

絶対に失敗しない!おすすめクリニック BEST3

ゴリラクリニック

ヒゲ3部位 4年間回数無制限:74,304円(税込)

月々3,200円(税込)の分割払いでOK

追加料金無しでメディオスターが使用可能

レーザー機器の導入数No.1

多くの芸能人が御用達

 

料金 ヒゲ3部位(鼻下、アゴ、アゴ下):74,304円(税込)※回数無制限
レーザー機器 5種類(メディオスター、ライトシェア、ライトシェアXC、ジェントルYAG、ジェントルレーズ)
アクセス 全国7院

 

ゴリラクリニックは、実際に管理人の僕がずっとお世話になっているクリニックです。

 

ものすごく独特なネーミングであるため、初めて耳にした際には不安に思われるかもしれませんが、その実力は確かなのでご安心を。

 

様々な料金プランがありますが、中でも4年間好きだなだけ脱毛ができる「ヒゲ3部位(鼻下、アゴ、アゴ下)4年間無制限プラン」がとても魅力的です。

 

導入しているレーザー機器の種類も断トツで多く、様々な患者のニーズに合わせた治療を得意としています。

 

また、ゴリラクリニックでは痛みが非常に少ない事で話題の最新レーザー機器「メディオスター」が追加料金無しで使えるのも◎

 

通常、他のクリニックでは追加料金を取られたり、回数が制限されていたりするので、メディオスターでヒゲ脱毛を考えている方はゴリラクリニック一択だと思います。

 

湘南美容外科

ひげ脱毛

ヒゲ3部位 4年間回数無制限:69,800円(税込)

月々3,200円(税込)の分割払いでOK

圧倒的なアクセスの良さ(全国に40院以上)

全額返金保証制度有り

勧誘は一切無し

 

料金 ヒゲ3部位(鼻下、アゴ、アゴ下):69,800円(税込)※回数無制限
レーザー機器 2種類(メディオスター、ジェントルレーズ)
アクセス 全国50院以上

 

テレビCMなどでもお馴染みの大手美容外科ですね。

 

人気のヒゲ3部位(鼻下、アゴ、アゴ下)を4年間無制限に脱毛できる本格的なプランが用意されており、料金は69,800円(税込)と業界安値水準。

 

また、アクセスも抜群に良く(北は北海道から南は沖縄まで)、どこにお住いの方でも通いやすくなっています。

 

ただし、ゴリラクリニックとは異なり、メディオスター利用の際は回数無制限が適用されず別料金となっているため、こちらを2位とさせていただきました。

 

その他に劣っている部分は全く無いので、もしメディオスターにこだわりが無いという方は湘南美容外科を選ぶと良いでしょう。

 

メンズリゼクリニック

ヒゲ3部位 5回コース:59,800円(税込)

月々3,200円の分割払いでOK

各種割引有り(モニター割、エステからの乗り換え割など)

全額返金保証制度有り

夜23時まで診療(新宿院限定)

 

料金 ヒゲ3部位(鼻下、アゴ、アゴ下):58,800円(税込)※全5回
レーザー機器 3種類(メディオスター、ライトシェア、ジェントルYAG)
アクセス 全国14院

 

最近、若い男性の間で人気急上昇中のクリニックです。

 

「働く男たちのために!!」をコンセプトに、忙しいサラリーマン男性であっても通いやすくなるような配慮が行き渡っているのが最大の特徴。

 

ex. 「診療時間が長い(新宿院は夜の23時まで)」「予約キャンセル料がかからない」

 

また、モニター割やエステからの乗り換え割といった各種割引も充実しているので、該当する方はそちらも利用してみると良いでしょう。

 

ただし、回数無制限プランが用意されておらず、コストパフォーマンスの面ではやや微妙なのでご注意ください。

 

そのため、ゴリラクリニックや湘南美容外科と比べておすすめ度合いはかなり下がってしまいます。

 

料金よりも、とにかく通いやすさを重視したいという方向けかもしれません。

 

この記事も一緒に読まれています

1

目次1 何回の脱毛でヒゲは減るのか?2 1回目→5回目までに抜け落ちたヒゲの量3 ヒゲの濃い人は「回数無制限プラン」を選んだ方が良いかも4 まとめ 何回の脱毛でヒゲは減るのか?   果たして ...

-ヒゲ脱毛の基礎知識

Copyright© ヒゲ脱毛完全攻略バイブル! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.