青ヒゲ君
ゴリラクリニックのヒゲ脱毛は未成年でも挑戦できますか?

編集長
もちろん可能です。ただし、親の同意が必要になるのでその点だけご注意ください。

 

ヒゲ脱毛に年齢制限は無い

 

基本的にヒゲ脱毛において「年齢制限」というものはありません。たとえ中学生や高校生であっても問題無くチャレンジする事ができます。

 

ヒゲ脱毛というのは、毛が生成される場所である「毛根」をレーザーで熱処理して今後二度と生えてこないようにするのが主な目的です。

 

 

ここで用いるレーザーは黒い部分(メラニン色素)に強く反応する特性を持ちますが、逆に言えばそれ以外の部分にはほとんど反応を示しません。

 

したがって、基本的には無害なのです。体の中で黒い部分といえば毛もしくは黒子くらいしかないですからね。

編集長
極端な話、毛さえ生えていれば施術自体は可能なので、体の成熟具合などもあまり関係が無く、トラブルが起こるような危険性もほとんどありません。

ゴリラクリニックでは親の同意書が必須

 

理論上はとりあえず可能だとして、実際にヒゲ脱毛を受けさせてくれるかどうかは各クリニックの判断によると思いますが、少なくともゴリラクリニックでは未成年であってもOKとの事

 

未成年者でも脱毛を受けることができますか?

 

脱毛を希望する未成年の方は年々増えています。ゴリラ脱毛では、親権者の同意書をご準備いただくだけで、同伴でのご来院は不要です。

 

(出典:ゴリラクリニック公式サイト

 

 

ただし、その際には親権者の同意書を持参する必要があるのでご注意ください。

 

>>同意書のダウンロードはこちらから

 

確実に親の承諾を得なければいけないので、内緒で勝手に挑戦するといった事はできません。

編集長
デリケートな悩みゆえ、親に面と向かって相談するのが恥ずかしいという気持ちもわかりますが、決して避けて通る事はできない部分なので腹をくくりましょう。

若いうちにヒゲ脱毛をするメリット・デメリット

 

ここからは、若いうちにヒゲ脱毛をするメリットとデメリットについてお伝えしていきたいと思います。

 

どちらも非常に重要な事なので、心して読むようにしてください。

 

メリット

メリット
☑痛みが少なくて済む
☑コストを抑えられる

痛みが少なくて済む

ヒゲ脱毛をしてよかったこと

 

まず、一番のメリットとしては「痛みが少なくて済む」という事が考えられるでしょう。

 

先ほども少し触れたように、ヒゲ脱毛というのは黒い部分に反応するレーザーを照射する事で毛根を熱破壊していきます。

 

したがって、ヒゲが濃ければ濃いほど大きな痛みを伴う事になるのです。

編集長
中高生というと、大人に比べてまだまだヒゲが薄い時期ですから、生じる痛みもそこまで大きくならずに済むというわけですね。

 

コストを抑えられる

 

2つ目のメリットとしては「コストを抑えられる」という点。

 

一般的に、男性のヒゲは年々濃くなっていくと言われています。

 

なぜなら、ヒゲの濃さというのは男性ホルモンの分泌量が大きく影響しているかですね。

 

成人を迎える20代はもちろん、30代、40代、50代と止まる事を知りません。

 

 

(参照記事:加齢によって髭が濃くなるメカニズムと対策

 

 

したがって、ヒゲ脱毛を始めるのが遅くなればなるほど、脱毛完了までにかかる時間と手間は増えていきます。

 

そうなれば、必然的にかかるコストは大きくなってしまうでしょう。

 

一方でまだ若いうちから早めにヒゲ脱毛を開始しておけば、毛がより頑丈に育つ前に取り除く事ができるため、容易に終える事が可能になります。

編集長
手間が省ける分、なるべくコストも削減できるというわけですね。

 

デメリット

デメリット
☑本当に生えてこなくなる
☑肌荒れのリスクがある

本当に生えてこなくなる

 

これはメリットでもあると同時にデメリットにもなり得るのですが、ヒゲ脱毛をすると本当に毛が生えてこなくなります。

 

永久脱毛が完了した後で、やっぱりヒゲを生やしたいとなっても無理な話なので注意が必要です。

 

というのも、ある程度成熟した年齢になれば価値観が大きく変わるという事もあまり無いですが、まだ多感な年頃の場合はちょっとした事でコロコロと世界観が変わってしまう可能性が十分にあります。

 

 

「憧れの芸能人がヒゲを生やし始めたから…」なんて理由で急に心変わりしてしまう事だってあるわけですね。

編集長
そうなった時に取り返しがつかなくなるので、果たして本当に自分は今後ヒゲを生やす予定は無いのかどうかをしっかりと考えなければなりません。

 

肌荒れのリスクがある

 

毛根へ強い熱を与えて破壊するレーザー脱毛は、多かれ少なかれ肌にダメージを残します。

 

実際にヒゲ脱毛を受けてみるとわかりますが、施術した日から数日間は赤みが残ったりする事もザラです。

 

思春期の頃というのはホルモンバランスが大きく変動しやすい時期でもあるため、ニキビなどの肌トラブルも増えがちになります。

編集長
そんな中でさらに脱毛による肌荒れリスクが加わるわけですから、ケアするのは大変になるでしょう。

まとめ

 

以上、ヒゲ脱毛に年齢制限はあるのかという疑問についてお答えさせていただきました。

 

実際に中高生がヒゲ脱毛に挑戦するとなると、金銭的な問題だったり親の同意が必要だったりと乗り越えなければならない壁がたくさんありますが、若いうちに脱毛を済ませておくメリットというのも確かにあります。

 

僕自身、もっと早くからヒゲ脱毛を開始しておけば良かったと後悔する事もあります。

 

それくらい人生が変わったわけです。

 

この記事を読んでいる中高生の方がいましたら、じっくりと考えた上で挑戦してみください。

 

この記事のまとめ
ヒゲ脱毛に年齢制限は無いので、極端な話、中学生や高校生でも挑戦する事ができる。実際、若いうちからヒゲ脱毛を済ませておくメリットもある。ただし、未成年の場合は必ず親権者の同意が必要になるため、そこだけ注意が必要。
おすすめの記事