青ヒゲ君
ヒゲ脱毛に健康保険を使う事ってできないんですか?もし3割負担で済むなら非常に助かります…。

編集長
残念ながら、とある例外を除いてヒゲ脱毛に健康保険を適用するのは今のところ不可能です。

 

 

「ヒゲ脱毛をするのに健康保険は使えないのか?」おそらく多くの方が一度は疑問に思われた事があると思います。

 

何事もできれば安く済ませたいもの。もし健康保険を利用する事ができるのであれば、費用もだいぶ抑えられて非常に嬉しいですよね。

 

この記事では、ヒゲ脱毛と健康保険の関係性についてお伝えしていきたいと思います。

 

原則としてヒゲ脱毛は保険適用外

 

先に結論から言ってしまうと、ヒゲ脱毛のために健康保険を使う事は基本的に不可能です。

 

エステやサロンなどはそもそも医療機関ではないので当然として、クリニックや病院などでも保険は適用外とされています。

 

まず前提として、保険が降りる場合というのは日常生活に支障をきたすほどの病気やケガなどを患った時だけです。

 

健康保険で受けられない診療について

 

健康保険の「療養の給付」は、病気やケガをしたときの治療を対象として行われます。このため、日常生活に何ら支障がないのに受ける診療(美容整形など)に健康保険は使えません。

 

(出典:全国健康保険協会

 

ヒゲ脱毛の場合、単純な美容目的が大半でしょうから、病気としては認められません。

 

ヒゲが生えていたところで、基本的に健康面で悪影響を及ぼす事は無いですよね?

 

そのため、あくまでも「自由診療」というカテゴリに分類されているのです。

 

自由診療とは

 

公的医療保険(健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度)が適用されない診療のこと。保険診療と対になる診療である。診療を受ける者と、診療を行う医療機関との間で自由に個別の契約を行い、その契約に基づいて行われる診療である。

 

(出典:Wikipedia

 

自分的にはたとえどんなに悩みが深くとも、客観的に見てそれが病気でない限りは保険適用外というのが現実なわけですね。

 

今後万が一「ヒゲが濃い人は寿命が短くなる」といった事が科学的に証明されない限りは難しいでしょう。

編集長
「エステ・サロンはダメでも、医療用のレーザーを使っているクリニックや病院であれば保険が効くはず!」と勘違いをされている方もたまに見かけますが、いずれの場合も保険は適用されず全額自己負担となるのでご注意ください。

例外的に健康保険が認められるケース

 

先ほど「基本的には保険適用外」といった表現を使いましたが、これには理由があります。

 

というのは、ある特定の場合に限って例外的に保険が適用されるケースもあるのです。

 

それは「多毛症」と呼ばれる病気にかかった時です。

 

多毛症とは、男女関係無く身体のあらゆる部分で毛が増える病気の事を指します。

 

多毛症とは

 

身体の各所に異常に多量の発毛が見られる状態。アムブラス症候群とも呼ばれる。多毛症は先天性疾患(生まれつきの疾患)である場合もあるが、後天的に発症する可能性もある。多毛症における過剰発毛は、恥部、顔面、腋窩部のアンドロゲン(男性ホルモン)の影響を受ける部位を除いた皮膚の領域で発生する。

 

(出典:Wikipedia

 

多毛症の原因はホルモンの異常な分泌などが考えらえるため、この場合は病気と認められて保険が降りる事もあるようです。

 

なお、具体的に多毛症がどんな症状なのか気になる方はGoogleで画像検索してみてください。

 

苦手な方もいると思うのでここでは画像を引っ張ってきませんでしたが、割と深刻な症状です。

編集長
「多少毛深いレベル」をはるかに超えているため、軽い気持ちで自分が多毛症だと判断するのは止めましょう。

健康保険無しでも費用を抑える方法

 

残念ながら、ヒゲ脱毛には保険が適用されません。一部例外もあると言いましたが、基本的には期待しない方が良いでしょう。

 

それを踏まえた上で、ここからは健康保険無しでも費用を抑える方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

エステではなくクリニックを選ぶ

 

ヒゲ脱毛をより安く済ませたいなら、エステやサロンではなくクリニックで脱毛をする。

 

僕の経験上、これは本当に重要な事ですね。

 

 

エステとクリニックの違いについてはこちらの記事でも詳しくお話していますが、まず脱毛方法が異なります。

 

基本的にエステでは「フラッシュ脱毛」、クリニックでは「レーザー脱毛」という方法を採用しており、そのパワーはまるで別物と言っても過言ではありません。

 

出力(パワー)の違い
レーザー脱毛>>>越えられない壁>>>フラッシュ脱毛

 

効果が出やすい分、施術1回あたりの料金はエステよりもクリニックの方が高めに設定されている事が多いですが、実はここが重要なポイント。

 

脱毛エステ(BOWZU)の料金プラン

 

脱毛部位 価格(1回)
鼻下 6,480円
口下 6,480円
顎裏 4,320円

 

 

脱毛クリニック(ゴリラクリニック)の料金プラン

 

脱毛部位 価格(1回)
鼻下 10,800円
アゴ 10,800円
アゴ下 10,800円

 

 

ヒゲ脱毛の知識が浅い人の場合、パッと見の料金だけを比較してエステの方を選んでしまいがちです。

 

しかしながら、先述のようにエステのフラッシュ脱毛は出力が弱いため、必然的に照射回数が多くなってしまうという点にご注意ください。

 

元々のヒゲの濃さによって個人差もありますが、クリニックであれば10~15回程度の照射で済むところをエステでは20~30回程度の照射が必要になるなんて事もザラにあります。

 

そのため、トータルで見た場合はエステの方が高くなってしまう可能性も十分にあり得るのです。

 

さらに言うと、フラッシュ脱毛では永久脱毛を実現する事ができないため、一度施術が完了したとしても数年後にはまた生えてきてしまう可能性もゼロではありません。

 

もしそうなった場合、再び高いお金を払うハメになってしまいます。

 

そういった事態を防ぐためにも最初から永久脱毛が可能なクリニックを選び、必要最低限の照射回数で確実にヒゲを無くしていくというのが賢い選択と言えるでしょう。

 

実際、僕も過去にエステを選んで失敗した事があるのでこれについては強く言わせていただきます。

 

回数無制限コースを契約する

 

部位 料金
ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下) 74,304円+(108円×回)
ほほ・もみあげ 63,288円+(108円×回)
48,600円+(108円×回)

 

※全て税込価格に訂正

 

 

クリニックよって料金プランは千差万別ですが、もしも「回数無制限コース」がある場合はなるべくそちらを利用しましょう。

 

たとえば、ゴリラクリニックなどでは都度払いの他に「ヒゲ脱毛完了コース」と呼ばれるコ―スが用意されており、3年間の有効期限内であれば108円(税込)で何度でもレーザー照射可能になっています。

 

中には「とりあえず5~6回くらいで様子を見てみよう」と中途半端な回数で契約してしまう方もいますが、最終的には損をする可能性が高いです。

 

なぜなら、たった5~6回のレーザー照射で納得のいく効果を得られるかどうかはわからないからですね。

 

 

人によって毛周期(毛が生えるサイクル)は異なりますから、クリニック側も「○○回の脱毛で完全に無くなります」といった事は言えません。

 

自分的にはその回数で理想の状態へ持っていけると推測しても、実際には全然満足できなかったという事も十分に考えられるのです。

 

ちなみに、僕が初めてクリニックでレーザー脱毛を行った際は無難な数字である「6回コース」を選択しました。

 

で、実際にそれで満足できたかと言われれば、僕はできませんでした。

 

レーザー照射1回目

 

レーザー照射6回目

 

だいぶヒゲの量は減りましたが、それでもやはり物足りなさが残ります。

 

自分の理想というものは、自分が想像している以上に高いものなんだなとその時は思い知りました。

 

その後は結局「このペースだと無制限の方が最終的に安く済みそうだな」と感じて回数無制限コースに切り替えるハメに…。

 

こちらの方は今もなお継続中で、低コストにもかかわらず何度でも気軽に通えるので本当に重宝しています。

 

中途半端な回数のコースをちまちまと受けるよりも、ある程度まとまった回数のコースを最初に選んでしまった方が最終的にお得になるケースは割と多いです。

 

なので、もし自分のヒゲがかなり濃い自覚のある方はぜひとも無制限コースの選択を考えてみてください。

まとめ

 

以上、ヒゲ脱毛と健康保険に関するお話でした。基本的に保険の適用は無理なので素直に諦めましょう。

 

どれだけ自分がヒゲに困っていても、一般的に見ればヒゲ脱毛というのは単なる美容行為でしかありません。

 

「ヒゲ脱毛に保険を適用しろ!」というのは「美容院で髪を切るの保険を適用しろ!」と言っているのと変わらないという事ですね。

 

気持ちはすごくわかります。ヒゲが濃い事で感じるストレスや悩みというのは僕も経験済みですので。

 

ですが、無理なものは無理なのです。それ以外の方法で安く済ませる方法を考えましょう。

 

そもそもの話、最近は脱毛の低価格化も進んでいるため、思っているほど高くありません。

 

特に、先ほど僕がお話した2点は本当に長い目で見て費用を抑えるために重要な事なのでぜひとも覚えておいていただければと思います。

 

この記事のまとめ
一部の例外を除き、基本的にヒゲ脱毛は健康保険が使えない。ただし、保険無しでもなるべく費用を抑える方法は多数存在する。必要最低限のコストに収めたい場合、回数無制限コースのあるクリニックで脱毛するのがおすすめ。

 

おすすめの記事