編集長
今回はつい先日ヒゲの永久脱毛を終えたばかりの僕が試しに1ヶ月間何もせず放置してみた結果を書いていきたいと思います。ヒゲ剃りをしなくて良い生活というのは実に快適でした…。

 

ついにヒゲの永久脱毛が完了!

ヤグレーザー-ヒゲ脱毛-15回目-ビフォーアフター

2015年10月にゴリラクリニックでヒゲ脱毛を開始してから早いものでもう4年近くが過ぎるわけですが、つい先日、ようやく「永久脱毛」と呼べるくらい満足のいく結果を得る事に成功しました。

 

 

実際に使用したレーザー脱毛機は「ジェントルヤグ」と呼ばれるヤグレーザー。

 

 

評判通り非常に痛みのキツイ機種でしたが、その代わりに脱毛効果も素晴らしく「15回」という丁度キリの良い数字で終える事ができました。

 

個人差はあるものの、一般的にヒゲの永久脱毛が完了するまでに必要なレーザー照射の回数は15回前後と言われているので、自分もそれに上手く当てはまった形ですね。

 

 

ヒゲを永久脱毛するためには、ヒゲの濃さ・生え方などにより個人差がありますが、平均で約15回程度の施術が必要になります。

 

(出典:ゴリラクリニック公式サイト

編集長
それなりに長い期間と費用が必要になってしまいましたが、挑戦して良かったなと心から思っています。

実際のヒゲ脱毛経過写真

 

参考までに、僕が実際にヒゲ脱毛をしていた頃に記録した写真を掲載しておきます。

 

所々で抜けている回数がありますが、その間にあまり大きな変化が見られなかった事や単純な撮り忘れが原因なのでご了承ください。

 

節目となる重要な回数のところはバッチリ記録してありますので…。

 

レーザー照射1回目

ヒゲ脱毛初期 青ひげ

一番最初の状態。こちらはゴリラクリニックで直接撮ってもらった写真なのでやけに画質が良いです。

 

僕の場合はポツポツとした青ヒゲが非常にコンプレックスでした。特にアゴ周辺が酷く、不潔な感じになってしまっています。

 

 

ちなみにこれが伸ばしきった状態。死ぬほどボーボーというわけではありませんが、まぁ人並みには生えているのかなと。

 

レーザー照射6回目

ヒゲ脱毛6回目

 

基本コースである6回分のレーザー照射を終えた後の状態。この時は少し伸ばした状態で撮りました。

 

1回目の時の写真と比べてみるとわかりやすいと思いますが、確かにかなりの量が減っています。だいぶ密度が小さくなりましたよね。

 

ただ、完全なツルツル肌と呼ぶにはまだまだ程遠い感じです。実際、青みもまだ少し残っております。

 

レーザー照射8回目

ヒゲ脱毛8回目

 

イマイチ大きな変化を感じなくなってきた頃。「中だるみ」とでも言いましょうか。

 

確実に薄くなっている事は間違いないのですが、初期に比べレーザー照射1回あたりで得られる効果がかなり地味になってくるため、特に目立った感想はありませんでした。

 

ただ、青みについてはだいぶマシになったので、この頃はもうあまりヒゲに対してコンプレックスを感じていなかったのも事実です。

 

レーザー照射10回目

ヒゲ脱毛10回目 文字入れ後

 

8回目同様、ちょっと退屈だった頃ですね。この頃はもはや「消化試合」的な感じで機械的にクリニックへ通っていた気がします。

 

どうしても細かい部分の毛は残ってしまうので、しらみつぶしにレーザーを照射していくしかありません。

 

特に感動と呼べるものもなく、ただやるべき事をやっていました。

 

レーザー照射15回目

ヒゲ脱毛 15回後の様子

 

青みも完全に消えて「永久脱毛」と呼ぶにふさわしい結果となったのが15回目のレーザー照射を終えてからでした。

 

ちょうどクリニックでも推奨されている目安の回数ですね。

 

以前のような太くて硬い毛はほとんど姿を消し、わずかに残ったのは近くからでないと目視すらできないような産毛のみ。

編集長
最初に比べると別人レベルでスッキリしているので、個人的には非常に満足しています。

1ヶ月間何もせずに放置してみた

 

永久脱毛完了後、ヒゲ剃りの必要が無い生活があまりにも快適だったため、試しに1カ月ほど何もせずに放置して伸ばしてみる事にしてみました。

 

その結果がこちら。

 

ヒゲ脱毛 15回目 後

ヒゲ脱毛 15回後

 

光の加減で少しボヤけており見えにくいですが、ほとんど生えてきていないのがわかると思います。細く弱々しい産毛程度のものが多少残っているだけですね。

 

1ヶ月伸ばし続けた結果これなので、脱毛効果としては十分すぎると思います。

 

一応、「永久脱毛」の医学的な定義としては次の通り。

 

「永久脱毛」の医学的定義
最後に施術を行ってから1ヶ月後の再生率が20%以下となる脱毛方法

 

つまり、全ての施術が完了してから1ヵ月経ったタイミングで生えてきた毛が元々の20%以下の場合、それはもうれっきとした永久脱毛と判断して良いというわけですね。

編集長
先ほどのビフォーアフター画像を見ればわかるように、明らかに元々の20%以下まで減っているため、僕の場合は永久脱毛に成功したと考えて良さそうです。

まとめ

 

以上、ヒゲの永久脱毛完了後に1ヶ月間何もせずに放置してみた結果を書かせていただきました。

 

実際、以前であれば考えられないような減毛率となったので個人的には非常に満足しております。

 

ほとんどヒゲ剃りをする必要の無い生活は非常にストレスフルなので、現在ヒゲ脱毛に挑戦中の方は頑張りましょう。

 

これからヒゲ脱毛を始めるという人にも励みになれば幸いです。

おすすめの記事