青ヒゲ君
大学生のうちにヒゲ脱毛をしておくと就活で有利になるって本当ですか?

編集長
本当です!というのも、ヒゲをしっかり処理できているかどうかで面接官に与える印象というものがグッと変わるんですよ。

 

 

大学生になると「就職活動」という大きな壁が待ち構えていますよね。

 

後の人生を大きく左右しかねない一大イベント。そんな就活を有利に戦い抜くためにも、僕は絶対にヒゲ脱毛をしておいた方が良いと思うのです。

 

この記事では、その理由についてお話していきたいと思います。

 

就活前にヒゲ脱毛すべき理由

 

僕が個人的に思う、就活前にヒゲ脱毛をしておいた方が良い理由は次の3つ。

 

1悪印象を与えずに済む

 

何と言っても一番はこれですね。

 

「ヒゲのせいで印象が変わるなんて、そんな理不尽な事があるの?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。

 

僕もそう思います。

 

でも、実際にはあるんですよ。次のデータを見てください。

 

新入社員が特に気をつけた方が良いと思うパーツ

 

・調査対象:20~30代の男性ビジネスマン500名(職場に男性の後輩または部下がいて、かつ、2015年4月に新入社員が入社予定の企業にお勤めの方)

※業界(メーカー、IT、広告/ メディア関係、金融、商社、建設、教育、医療機関)ごとに均等割付

・調査期間:2015年2月26日(木)~2015年3月2日(月)

・調査方法:インターネット調査

・結果:1位→ヒゲ 2位→髪型 3位→服装

 

 

(出典:先輩ビジネスマンが教える身だしなみ事情

 

これは家電メーカーであるパナソニックが調査したもので、ビジネスマンが「新入社員の身だしなみ」において最もチェックしているパーツはヒゲである事が判明しました。

 

もちろん「ヒゲが濃いから落としました」なんてダイレクトに言う事は無いでしょうが、確実に合否に影響を与えているはず。

 

なぜなら、面接官は日々山ほどの学生たちを相手にしているからです。それも有名企業になれば何百・何千もの数にのぼるでしょう。

 

当然、学生一人一人の素質や才能といった深い部分まで見ていくのは困難になります。特に、同じレベルの人間同士が集まった場合は難易度MAX間違い無し。

 

そうなると、どうしても「第一印象」が重要な審査基準の一つになってしまうわけですね。

 

最終的には一緒に働く事になるわけですから、明るく元気で上手くやっていけそうな人物かどうかというのは非常に大きな判断材料となるに違いありません。

 

 

青ヒゲが残った顔では、どうしても「暗い」「不潔」「覇気が無い」といった印象を相手に与えてしまいます。

 

たとえそのつもりは無くとも、ヒゲが濃い時点で自分の第一印象を下げてしまっているというわけですね。

 

第一印象というのは本当に厄介なもので、一度付いてしまったイメージはなかなか変える事ができません。

 

おそらく、あなたも日常生活の中でそういった経験をされた事があるかと思います。なぜか生理的に受け付けない人っていますよね?

 

同じように、就活においてまず面接官に良い印象を与えられなかったとすれば、そこから巻き返すのは非常に難しいでしょう。

 

 

どれだけ優れた知識や技術を持っていても、それを披露する場が無ければ意味がありません。

 

そしてそれは「第一印象」という最低ラインを超えた者だけが進めるステージなのです。

 

 

「たかがヒゲごときで何でそこまで気を遣わなければならないんだ」とガッカリされる気持ちもわかりますが、それが社会という現実です。

 

現実を受け入れ、それに従うのが大人というものなのではないでしょうか。

編集長
自分が不利になるリスクを最小限に抑えるためにも、あまりにもヒゲが濃くて悩んているという方は脱毛を受ける事を僕はおすすめします。

 

2労力の節約になる

 

単純な話、ヒゲ脱毛をしておいた方がヒゲ剃りに必要な労力を節約できるからというものもあります。

 

ただですら面倒なヒゲ剃りを就活中は特に念入りにやる事になるでしょうから、心身共に疲弊してしまうでしょう。どう考えても余計な労力ですよね。

 

そんな余裕があるなら、少しでも多く面接の練習をしたり己のスキルを磨いたりしたいところ。

 

たとえ5~10分程度の時間だとしても、それが毎日積み重なれば膨大な時間になります。

編集長
限られた時間を無駄にしないために、早いうちからヒゲ脱毛をしておくというのは選択肢として十分にアリです。

 

3時間的余裕がある

 

大学生というのは基本的に暇な生き物です。僕自身、大学生の頃は四六時中遊んでいました。

 

そんな暇な時期だからこそ、ヒゲ脱毛をする良いチャンスだと僕は思うのです。

 

就活が始まる大学3年生後期になってしまうと、どうしても時間に余裕が無くなり始めます。

 

就活中はもちろんの事、それが終われば卒論だの新人研修だので、なんやかんや暇人ではなくなってしまうんですよ。

 

 

当たり前ですが、社会人になればより一層忙しくなる事間違い無しです。もしかしたらヒゲ脱毛に通っている時間なんて無いかもしれません。

 

そうなる前に、余裕のあるうちにヒゲ脱毛を済ませておくと後々楽というわけですね。

編集長
「時間が無い」という理由でヒゲ脱毛を断念される方も多いそうなので、時間的余裕に恵まれた大学生時代はヒゲ脱毛に最適なタイミングと言えるでしょう。

まとめ

 

以上、就活前の大学生がヒゲ脱毛をしておいた方が良い理由についてお伝えさせていただきました。

 

僕自身、大学を卒業して社会人になった今だからこそ良く分かります。

 

就活においては思わぬ事がマイナスに働いてしまう事も多いです。たかだヒゲ、されどヒゲ。

 

特にヒゲの濃い自覚があるという方はお気を付けください。

 

 

この記事のまとめ
ヒゲ脱毛をしたからといって必ず就活が上手くいくわけではないが、失敗するリスクが上がるのは確か。時間的な意味でも、暇な大学生のうちにヒゲ脱毛をしておくのは有効だと思う。

 

おすすめの記事