青ヒゲ君
ヒゲ脱毛をして後悔する事ってあるのでしょうか?

編集長
元々ヒゲに対して強い悩みを抱えていた人ほどその可能性は低いと思います。少なくとも僕は後悔していませんね。

 

 

つい先日、ヒゲ脱毛を検討中の友人から「お前はヒゲ脱毛で後悔した事とか無いの?」と聞かれました。

 

僕からすれば「何でそんな事を聞くんだろう?」と意図が良くわからなかったのですが、後で家に帰って【ヒゲ脱毛】と検索してみたところ、確かに予測変換の部分に【ヒゲ脱毛 後悔】というワードが出てくるではありませんか。

 

 

予測変換に出てくるという事は、それだけ多くの人が気になって検索しているという事ですよね。

 

そこで僕は初めて「ヒゲ脱毛を受けて後悔する人なんて世の中にいるんだなぁ」という事を知ったのです。

 

僕は今までヒゲ脱毛に関して一度も後悔なんてした事はありませんし、むしろ「高いお金を払ってまで解決して良かった事ランキング」の上位に食い込むレベルで満足しています。

 

とはいえ、どうやら中には後悔しているという人もいるようなので、そういった人たちが一体なぜ後悔しているのかという事について少し調べてみました。

 

そして、それに対する個人的な意見や後悔しないためのポイントを述べさせてもらおうと思います。

 

良くある5つの後悔パターン

 

ざっと調べてみたところ、ヒゲ脱毛で後悔している人は主に以下のような事が原因のようです。

 

1やっぱりヒゲを生やしたくなった

 

これが最も多く見られる後悔パターンでした。

 

中には、何年か経って年齢を重ねた際に「もっと渋い雰囲気になりたい」という願望が強くなる男性もいるそうです。

 

基本的に人間は「無い物ねだり」をしてしまう生き物ですから、気分が変わってやっぱりヒゲが欲しくなるという可能性もゼロではないという事ですね。

 

ドラマや映画などでヒゲを生やしたカッコ良い俳優さんなどが登場すれば、そういったものに影響されてしまう事もあるかもしれません。

 

ですが、これに関して僕が言いたいのは「今ヒゲに対するコンプレックスが強ければ強い人ほどこのパターンで後悔するという事は考えにくい」という事。

 

「青ヒゲが嫌だ」「年齢より老けて見られたくない」「毎日のヒゲ剃りが本当に面倒くさい」

 

僕を含め、ヒゲ脱毛を考える多くの方はこういった深い悩みを持っていると思います。

 

 

正直、ヒゲが憎くて憎くて仕方がないはずです。そんな人が後々「ヒゲがやっぱり欲しい」となるのはなかなか想像できないんですよね。

編集長
このような後悔を抱えている人は、元々そんなにヒゲが濃くなく悩みも小さかった人だと思います。本気でヒゲについて悩んでいる方にとってはおそらく無縁の後悔になるでしょう。

 

2脱毛の効果を感じられなかった

 

これに関しては、おそらく脱毛を行う場所や方法の選び方に問題があるかと思います。

 

たとえば、ヒゲがとても濃い人が十分な効果を実感するためには医療機関である皮膚科やクリニックでのレーザー脱毛が最適です。

 

エステサロンなどで受けられるフラッシュ脱毛では出力が弱いため、頑固なヒゲを無くす事は難しいのです。

 

 

もしくはヒゲ脱毛の仕組みをそもそも理解していないという可能性があります。

 

というのも、ヒゲ脱毛というのは一度の施術で全てのヒゲがなくなるわけではありません。

 

毛周期(ヒゲの生え変わるサイクル)に合わせて何度か回数を重ねる事で、徐々に減っていく仕組みになっています。

 

 

その事を知らない方が施術直後に「アレ、全然効果無いじゃん…」と言っているケースが考えられるというわけですね。

編集長
自分のヒゲに合わせた脱毛方法を探し、そのメカニズムについてしっかりと事前に知っておけばこういった後悔を覚える心配はないでしょう。

 

3思ったよりも費用が高かった

 

これも比較的多く見られるパターンのようです。ヒゲ脱毛の料金はお世辞にも安いとは言えませんからね。

 

腕や足など他の部位に比べて通わなければならない回数も多いため、場合によっては高くついてしまう事もあります。

 

僕もトータルで言えば今までに15万円以上はかかりました。(麻酔料なども含め)

 

ただし、料金に関しては分割払いが用意されている場所も多いので交渉次第では負担をグッと軽減する事が可能です。

 

実際、僕も月額の分割払いでヒゲ脱毛を受けていましたが、月々の支払いは3,000円前後と非常に軽い物でした。

 

全額返済するまでにかかった期間は長かったものの、一度に大金を用意する必要が無いのは本当に助かりましたね。

 

月々3,000円前後の我慢で辛い悩みが解決されるのであれば、それはお安い御用だとは思いませんか?

 

おそらく、お金の事で後悔しているのはカウンセリングの段階できちんと自分に合ったプランを選ばなかった人たちでしょう。

 

編集長
あらかじめ「月々の支払は○○円で、期間は△△ヶ月で~」としっかり決めておけば、後からやっぱり止めておけば良かったなんて後悔する事も無いと思います。

 

4痛みに耐えられない

 

残念ながら、これに関してだけは「我慢してください」としか言えません…。

 

痛みの感覚は人によって個人差はありますが、基本的にヒゲ脱毛には痛みが伴うものです。

 

本来そこにあるべきものを無理やり無くそうとしているわけですから、多少の痛みは避けられません。

 

もし痛みを感じないとすれば、それはその脱毛に果たして本当に効果があるのかどうかを疑ってしまうレベルです。

 

 

「良薬は口に苦し」なんて言葉もあるように、基本的に効果の高いものには何かしらの難点があるのがお約束という事ですね。

 

美しくなるための代償として、そこはある程度割り切るしかありません。

 

 

もっとも、最近では脱毛前に笑気ガスなどで麻酔をしてくれる場所も多いので、痛み苦手という方はそういったものを利用すれば何とか我慢できると思います。

編集長
ヒゲ脱毛は痛みを受け入れて上手く向き合っていく事が重要です。それさえ耐え抜けば素晴らしい未来が待っていると考えれば、一瞬の痛みなんて大した事はないでしょう。

 

5肌荒れが気になる

 

いずれの脱毛方法も毛根に対して強い刺激を与えるため、人によっては施術後に赤みや炎症といった症状が現れる場合があります。

 

 

ですが、これらはあくまで一時的なものであり、通常であれば時間の経過とともに収まります。

 

炎症を抑えるクリームなどもお願いすればもらえるはずなので、必要なら帰り際に受け取ると良いでしょう。

編集長
前述のように、ヒゲ脱毛は何度か複数回通わなければならないため、次回もベストコンディションで受けられるように脱毛後のケアはしっかり行うのが大切です。

「ポジティブな後悔」も

 

色々な方の体験談を見ている中で「もっと早くヒゲ脱毛を受けていれば良かった…。」という非常にポジティブな後悔も発見しました。

 

ですが、その気持ちも良く分かります。

 

僕も実際にヒゲ脱毛を経験してみて「もっと早くから受けていれば色々と人生が変わる部分もあったのにな…」なんて思う事もしばしば。

 

それくらい、ヒゲが無くなってからの毎日というものは変わったのです。

 

毎日のヒゲ剃りの手間が無くなった事で朝の忙しい時間にも余裕ができましたし、顔の印象が明るくなった事で自信もつき人とのコミュニケーションが広がりました。

 

とにかくもう、良い事づくめです。

編集長
ヒゲ脱毛に関してまだ不安な気持ちを抱えているという方にも、早くヒゲ脱毛の素晴らしさを感じていただきたいと思っています。

まとめ

 

結論として、「本当にヒゲで悩んでいるのであれば後悔する事は絶対に無い」というのが僕の考えです。

 

後悔している人の多くは良く下調べもせずに適当なエステを選んでしまったり、自分に合わないプランを決めてしまったりといったケースがほとんどで、こういったものは自分の意識次第でどうにでもなる問題です。

 

ヒゲが嫌で嫌で仕方なくて「何としてでも無くしたい」という強い意志のもと行動すれば、どう転んでも最悪の事態にはなりません。

 

そもそも、このサイトを見てくださっている人は僕と同じような悩み・感性をお持ちの方であるはずです。

 

ですから、僕も本気でヒゲ脱毛をおすすめする事ができます。

 

もし僕がヒゲ脱毛をした事を後悔するなら、それは「ヒゲが好きな女性を好きになった時」でしょう。

 

ですが、そうなったらそれはもう仕方の無い事です。なんとかヒゲ以外の部分で頑張って見せます。

 

ネガティブ思考はどんどん深みにハマっていくので、後悔を恐れずに堂々とヒゲ脱毛にチャレンジしていただければと思います。

 

この記事のまとめ
いくつかのケースにおいてヒゲ脱毛は後悔する可能性もあるが、今現在ヒゲに対するコンプレックスが強ければ強いほどその可能性は低くなっていく。よほどの事が無い限りは良い事ばかりなのでポジティブにいくべき。

 

おすすめの記事