青ヒゲ君
つい先日ヒゲ脱毛を受けて一時的には薄くなったのですが、また生えてきてしまい困っています。これって失敗ですか?

編集長
考えられる理由はいくつかありますが、ヒゲ脱毛後に再び毛が生えてきてしまうのはよくある事なのでそこまで心配しなくても大丈夫だと思います。

 

 

この記事では、ヒゲ脱毛後にまた生えてきてしまう原因について考えられるパターンを具体的な例とともに解説していきたいと思います。

 

考えられる4つの原因

 

ヒゲ脱毛を受けたにもかかわらずまた生えてきてしまう原因としては、主に以下の4つのうちいずれかが関係していると考えられます。

 

1フラッシュ脱毛(光脱毛)を受けた

 

まず真っ先にに考えられるのが「フラッシュ脱毛(光脱毛)を受けた」というケースですね。

 

他の記事でも散々お話していますが、エステやサロンなどで行われているフラッシュ脱毛はクリニックで行われているレーザー脱毛に比べて出力が著しく落ちるため、脱毛効果は非常に弱く限定的になってしまいます。

 

 

事実、フラッシュ脱毛は「永久脱毛」と認められていません。

 

つまり、フラッシュ脱毛でヒゲの処理をした人は時間の経過とともに再び毛が生えてきてしまうリスクを常に抱えているというわけです。

 

そのため、フラッシュ脱毛は「脱毛」というよりも「減毛」もしくは「抑毛」といった表現の方が適切と言えるでしょう。

 

一時的に減らす事はできても、必ずヒゲは復活してししまいます。

 

こういった理由から、元々のヒゲが濃い人や確実にヒゲを無くしたいという方にフラッシュ脱毛は向いていません。

 

確かにレーザー脱毛に比べてフラッシュ脱毛は痛みが少なく価格も安いというメリットはありますが、長期的な視点で見た場合はデメリットも大きいのです。

 

2永久脱毛の定義を理解していない

 

「いやいや、俺はレーザーを使って永久脱毛をしているはずなのにまた生えてきたよ」と反論される方がいるとすれば、それは永久脱毛の定義について理解していない可能性があります。

 

「永久脱毛」と聞くと「毛が1本も生えていない完全にツルツルの状態」を想像される方が多いかもしれませんが、実際にはそうではありません。

 

実は永久脱毛というのは医学用語の一つであり、医師法によって「最後の施術を行ってから1ヵ月後における毛の再生率が20%以下に収まる脱毛方法」と明確に定義付けされています。

 

要するに、全ての施術が終わってから1ヵ月後に元の20%以下の量のヒゲしか生えてこなければそれはもう「永久脱毛」と呼んで良いという事ですね。

 

完全にツルツルとまではいかなくても、大幅にヒゲを減らす事ができていれば医師法的にはOKという解釈になっています。

 

「結局生えてくるのかよ…」と残念がる方もいるかもしれませんが、もし仮に生えてきたとしても以前のような濃いヒゲにはなりませんし、産毛程度が少々生える程度なので嘆く必要はありません。

 

週に1回軽く剃れば終わり程度の些細なヒゲです。ここはフラッシュ脱毛と大きく違う点ですね。

 

なお、100%完全にヒゲを取り除く事のできる方法はこの世でニードル脱毛だけです。こちらは「真の永久脱毛」とも呼べる方法で、文字通り一度処理した部分からは二度と生えてきません。

 

もっとも、効果が高い分だけ痛みも強い事や費用も膨大になってしまう事から個人的にはおすすめしないです。

 

よほど神経質でない限り、レーザー脱毛の効果でも十分に満足できると思いますので。

 

3毛周期を把握していない

 

良く勘違いされている方もいるのですが、ヒゲ脱毛は1回の施術で全て完了するわけではありません。

 

というのも、ヒゲ脱毛は「毛周期」と呼ばれる生え変わりのサイクルに合わせて定期的に継続していくものだからです。

 

毛周期(生え変わりのサイクル)
①成長期(毛が最も成長する期間)
②退行期(抜け落ちるまでを待つ期間)
③休止期(新たな毛を生み出すまでの準備期間)

 

3つの期間のうち、脱毛の効果が出るのは成長期の過程にあるヒゲに対してのみ。

 

つまり、今表面上に出ているヒゲを処理できたとしてもまだその下に眠っているヒゲまでは処理できず、それらはまた後ほど生えてきてしまうというわけです。

 

したがって、一度では処理できなかったヒゲを取り除くためにも必ず複数回は通わなければなりません。

 

こういった理由から、特にヒゲ脱毛を始めた初期の頃はその効果を実感しにくいと言われています。

 

最初のうちはまだまだヒゲの再生力も強いため、脱毛してもすぐにまた生えてきてしまうのですね。

 

毛周期の仕組みについてしっかり把握しておかないと、色々と誤解を招くおそれがあるので注意しましょう。

 

4ホルモンバランスが変化した

 

人間の身体は日々変化し続けていますから、何らかの原因で体内のホルモンバランスが乱れてしまう事も十分に考えられます。

 

特に、中年期に入ると男性ホルモンのバランスが乱れる事は有名ですよね。

 

一般に男性ホルモンが増えると体毛は濃くなると言われているので、こういった理由から脱毛後に新しくヒゲが生えてくる可能性はあります。

 

これに関してはどうしようもないので、再度脱毛を受け直すなどの対策が必要でしょう。

アフターケアの充実したクリニックを選ぶ

 

以上、脱毛後にヒゲが再び生えてくる原因として考えられる主な例を紹介しました。

 

フラッシュ脱毛は論外として、たとえレーザー脱毛で永久脱毛を行った場合でも少量のヒゲが生えてくる可能性はあります。

 

多くの場合はそれほど気にならない量に止まるはずなので基本的に心配無用ですが、もし万が一気になるようでしたら再診料が安く済むようにアフターケアの充実したところを選ぶようにしましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか。ヒゲ脱毛後の疑問について少しでも理解を深めていただけましたか?

 

「ヒゲ脱毛をしたのにまた生えてきた」と嘆いている方の多くは、方法が間違っているか単純に脱毛の仕組みについて勘違いをしているかのどちらかです。

 

しっかりと事前に知識を付けておけば後でテンパるような事も無くなるので、今回のお話を良く覚えておいてくださいね。

おすすめの記事