青ヒゲ君
カミソリ負けを何とかしたいです。対策方法があれば教えてください。

編集長
普段あまり意識せず適当にヒゲ剃りをしてしまっている方も多いと思いますが、実はいくつかのポイントに注意する事でカミソリ負けはだいぶ減らせます。

 

 

カミソリ負けって本当に嫌ですよね。

 

赤く腫れあがったり、酷い時には出血なんかもしたりしてどんどんストレスが溜まっていきます。

 

僕も今でこそヒゲ脱毛のおかげでそういった悩みからは解消されましたが、昔はしょっちゅうカミソリ負けしていたものです。

 

この記事では、カミソリ負けの原因とその対策法に関するお話をしたいと思います。

 

もし今現在、まだヒゲ脱毛に挑戦できていないという方はそれまでの応急処置として活用してください。

 

カミソリ負けの原因

 

カミソリ負けの原因としては「元々肌が弱い」といった事も考えられますが、実はその他の外的要因による部分も大きいです。

切れ味の悪いカミソリを使っている

 

カミソリ負けする原因のうち、かなり多くの部分を占めているのがこちら。

 

切れ味が悪くなったカミソリは力を入れて何度も繰り返し擦らないとヒゲが処理できないため、無意識のうちに肌へ大きなダメージを与えてしまうのです。

 

なお、切れ味が落ちるのは単純に使用回数の問題もありますが、清潔な場所で保管できていない事なども関係しています。

 

たとえば、お風呂場や洗面所でヒゲを剃っているという方は多いでしょう。

 

その場合、使い終わったカミソリはどこに置いていますか?きちんと乾燥させて風通しの良いところに保管できていますか?

 

おそらく、そのまま放置しているという方もいるはずです。

 

しかし、そういった湿気の多い場所は雑菌が繁殖しやすく衛生面で決して良いとは言えません。

 

カミソリの刃に雑菌が付着すると錆びて切れ味が落ちるだけでなく、皮膚の中へ雑菌が入り込んで炎症などの肌トラブルを起こす可能性が高まります。

正しい方法で剃っていない

 

一般的には「ヒゲが生えている向きに合わせて剃る」というのがカミソリの正しい使い方です。

 

ですが、中には「良く剃れるから」といった理由で逆剃りを多用してしまう方がいます。

 

確かに逆剃りは深い部分まで剃る事ができて快感なのですが、肌に与えるダメージを考えるとあまり良い方法とは言えないでしょう。

 

力の入れ方を一歩間違えれば、出血するほどの事態にもなりかねません。

アフターケアがおろそか

 

見落としがちな部分ですが、ヒゲ剃り後のアフターケアも重要な事です。

 

どれだけ気を遣ったとしても、ヒゲを剃るという行為は肌へのダメージを避けられません。

 

そのため、しっかりとメンテナンスを行わないと肌へのダメージは日に日に蓄積されていってしまいます。

 

すると必然的にカミソリ負けしやすい状態に出来上がりというわけですね。

編集長
普段の行動において該当する部分が無いか、今一度見直してみてください。

カミソリ負けの対策方法

 

以上を踏まえ、考えられる対策方法は以下の通り。

事前の準備をしっかりと行う

 

ヒゲは体毛の中でも最強の存在と言われています。触ってみれば分かるかと思いますが、腕や足などのムダ毛と比べても数段太くて濃いです。

 

そのため、ヒゲ剃りの際には事前準備をしっかりと行いましょう。

 

個人的におすすめの方法としては、ヒゲ剃りの直前にホットタオルなどでヒゲを覆っておくというもの。

 

毛がふやけて柔らかくなるため、かなりヒゲが剃りやすくなります。

 

もし時間が無い場合、熱めのお湯を使って十分に洗顔しておくだけでもかなり変わるのでオススメです。しっかりと顔を洗う事で、皮脂汚れなどがカミソリの刃に付着するのを防ぐ効果もあります。

 

カミソリを定期的に交換する

 

カミソリの切れ味を落とさないためにも刃は定期的に交換するようにしましょう。

 

時々「勿体ないから」という理由で長期間にわたり同じ刃を使用し続ける方を見かけますが、衛生的に悪いので止めてください。

 

ものにもよりますが、およそ1週間~2週間程度で交換するのがベターです。

 

アフターケアを万全に

 

十分なアフターケアを心がけて常に肌を健康な状態に保つのも大事です。丈夫な肌がキープできていればカミソリ負けに遭う頻度も下がりますからね。

 

ヒゲ剃り後は、素早く化粧水や乳液などで保湿するようにしてください。

まとめ

 

以上、カミソリ負けの原因と対策方法についてお伝えさせていただきました。

 

細かい部分ではありますが、少し意識を向けるだけでも得られる結果は大きく変わるという事が分かっていただけたかと思います。

 

毎日の習慣であるからこそ、正しい方法を心がけるようにしてください。大きなトラブルが起こってしまってからでは遅いのです。

 

この記事のまとめ
カミソリ負けの原因は外的要因による部分も大きい。細かく思える事でも意識するのとしないのとではかなりの差が出るため、なるべく肌を傷つけないような行動を取る事が大切。

 

おすすめの記事