青ヒゲ君
ヒゲが濃くなる食べ物、もしくは薄くなる食べ物ってあるんですか?

編集長
正直そこまで大きく影響するわけではないと思いますが、理論上は一応存在しますね。

 

 

究極的な話にはなりますが、私たちの身体というのは日々口する食べ物から成り立っているわけです。

 

そう考えると、食生活とヒゲの濃さは関係がありそうな気もしてきますよね。

 

この記事では、ヒゲが濃くなる食べ物と薄くなる食べ物を紹介していきたいと思います。

 

ヒゲの濃さを左右するのは男性ホルモン

 

そもそも、ヒゲが濃くなる主な原因とは何なのか?

 

実は、ヒゲの濃さには男性ホルモンが深く関係していると言われています。

 

というのも、男性ホルモンの主成分である「テストステロン」という物質には体毛を濃くする働きがあるからです。

編集長
したがって、テストステロンの分泌量を左右する食べ物こそ注目すべき食べ物という事になります。

ヒゲが濃くなる食べ物の代表例

肉類

 

ヒゲを濃くしてしまう食べ物の代表格と言えるのが肉です。

 

牛肉・豚肉・鶏肉といった動物性タンパク質の多い肉類は体内でテストステロンの生成を促します。

 

牡蠣

 

「海のミルク」とも呼ばれるほど栄養豊富な牡蠣。その最大の特徴は豊富に含まれる亜鉛です。

 

亜鉛は現代人にとって最も不足しやすいと言われており、健康のためには不可欠な栄養素なのですが、テストステロンの分泌を助ける働きを持っています。

 

にんにく・ニラ

 

にんにくやニラといった、臭いが強めの食材もヒゲを濃くする食べ物です。

 

これらの食材には「アリシン」と呼ばれる成分が豊富に含まれているため高い滋養強壮効果を持ちますが、同時に体内のテストステロンの働きを強めます。

 

ブロッコリー・カリフラワー

 

ブロッコリーやカリフラワーは女性ホルモンの分泌を減少させる食べ物として知られています。

 

一見、男性ホルモンの増減とは無関係に思えますが、女性ホルモンが抑制されるという事は相対的に男性ホルモンが活発になるという事でもあるわけです。

 

そのため、これらを食べる事でヒゲが濃くなるという事も十分にあり得ます。

ヒゲが薄くなる食べ物の代表例

大豆類

 

豆腐・納豆・豆乳といった大豆類には「イソフラボン」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。

 

このイソフラボンは女性ホルモンに似た作用を持ち、男性ホルモンを抑制してくれるのです。

 

そのため、積極的に摂取する事で、ヒゲや体毛が濃くなるのを防ぐ効果が期待できます。

食生活の改善だけでヒゲを無くすのは無理

 

正直な話、単に食生活を改善するだけでヒゲを無くすというのは難しいです。

 

確かに理論上は食事により体内ホルモンバランスを調整する事も可能ですが、劇的にヒゲの濃さが変わる程のものかと言われれば疑問が残ります。

編集長
実際、食べ物だけで何とかなるのであればここまで多くの人がヒゲに悩まされる事も無いでしょう。非常に残念ですが、これが現実だと僕は思います。

本気でヒゲを何とかしたいならヒゲ脱毛

初めてのヒゲ脱毛-予備知識

 

最終的にはここに落ち着いてしまうわけですが、本気でヒゲを無くしたいと願うなら取るべき行動はやはりヒゲ脱毛一択です。

 

レーザーを用いた本格的な医療脱毛であれば、たとえ普段から何を食べていようが確実にヒゲは薄くなります。

 

食生活にこだわりすぎるあまり健康まで失ってしまっては元も子も無いため、安全性を重視するという意味でもいっそ脱毛してしまう方が良いでしょう。

編集長
ヒゲは体毛の中でも最強と呼ばれるくらい頑固な存在です。本気で向き合うためにも、それなりのお金と時間をかけてじっくり脱毛する事をおすすめします。

まとめ

 

以上、ヒゲと食生活の関係性についてお話させていただきました。

 

残念ながら食生活だけでヒゲをどうにかできるほど甘くはないようですね。しかし、知識として身に着けておくのは悪くないと思います。

 

どのみち脱毛しなければいけないと考えた場合、わざわざヒゲを濃くする食べ物を避ける必要はありませんが、ヒゲを薄くする食べ物については積極的に摂り入れる事でよりスムーズにヒゲを無くす事ができるでしょう。

 

今回のお話が少しでも参考になれば幸いです。

 

この記事のまとめ
ヒゲの濃さは男性ホルモンの主成分である「テストステロン」が大きく関係している。よって、男性ホルモンの分泌量を左右する食べ物に注目。もっとも、食生活の改善だけでヒゲの濃さが劇的に変わるとは考えにくいため、根本的な解決方法としてはやはりヒゲ脱毛のみ。

 

おすすめの記事