青ヒゲ君
ヒゲ脱毛をするならなるべく早いタイミングの方が良いというのは本当ですか?

編集長
僕自身の経験を踏まえた上で言わせてもらうと、大学生の頃がヒゲ脱毛を始めるにはベストだと思います。なぜなら、大学生ほど時間的余裕のある人間はいないからですね。

 

 

これからヒゲ脱毛に挑戦しようと考えている大学生の方は多いでしょう。

 

最近では若い男性の間でも脱毛に対する関心が高まっているそうですから、何ら不思議な事ではありません。

 

実際、僕がヒゲ脱毛を始めたのも大学生の頃でした。

 

今現在、僕は社会人として働いていますが、「大学生の頃にヒゲ脱毛を済ませておいて良かったな…(;^ω^)」と感じる機会が非常に多いです。

 

大学生というと「まだ脱毛を考えるような年齢ではない」といったイメージを抱かれる方もいるかもしれませんが、個人的には最も適した時期だと考えます。

 

今回はその理由について詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

大学生の頃にヒゲ脱毛しておくべき理由

 

僕が個人的に思う、大学生のうちにヒゲ脱毛をしておいた方が良い理由は次の3つ。

 

1時間的余裕がある

 

まず、これが一番の理由ですね。

 

もし今あなたが大学生であるならば強く共感していただけるかと思いますが、基本的に大学生というのは暇です。

 

バリバリの理系大学で毎日1限から5限まで必修授業が詰め込まれているような方はまた別ですが、通常であれば自分の都合で時間割を決める事ができますし、その気になれば授業の無い休日を作る事だってできちゃいます。

 

実際、僕も大学生の頃は「週休4日」という怠けた生活をしていました。

 

もちろん、後で苦しくならないよう最初のうちに単位をたくさん取るという努力はしましたけどね。

 

そんなこんなで、時間的な余裕だけはいくらでもあったわけです。ヒゲ脱毛へ行くタイミングなども自分の都合で簡単に決める事ができました。

 

一方、社会人になるとどうでしょう?

 

 

週休4日なんてふざけた生活はまず無理ですし、毎日残業やら接待やらで自分の時間なんてほとんどありません。

 

そうです。社会人になってからだと、なかなかヒゲ脱毛へ行く事ができなくなるのです。

 

仕事帰りなどにサクッと良ければ良いですが、疲れ切った身体で脱毛を受けるのはちょっと気が引けますしね。

 

それに脱毛直後は火傷や炎症などが残ってしまう可能性もあるので、次の日に大事な仕事があった時などは受ける事はできません。

 

 

事実として、僕は社会人になった今でも定期的に脱毛へ通っていますが、スケジュールを決めるのは割と難しかったりします。

 

このように、社会人になると大人の事情によって何かとヒゲ脱毛をしづらくなってしまうのです。

 

脱毛するお金はあるけれど、一方で時間は無いといった感じ。

 

その点、大学生の場合お金は無いかもしれませんが時間は有り余っています。

 

お金は時間と違って努力次第でどうにでもなる問題ですから、そういった意味でも大学生が脱毛に挑戦するのに適した頃合いだと僕は思うんですね。

 

正社員として働くようになり、時間の無さに絶望して初めて「時間」というものの偉大さを知るようになります。

編集長
真面目な話、時間だけは何を対価にしても得る事はできないのでなるべく余裕のあるうちにヒゲ脱毛を始めておいた方が良いです。

 

2就活に役立つ

 

大学生になると、就活に対して大きく意識を向けるようになります。ほとんどの人がおそらくは就活目的で大学へ進学しているようなものですしね。

 

自分もそのうちの一人でしたし、「良い大学へ入れば、良い会社へ就職できる」という理論のもとで都内の有名私立大学へ進学しました。

 

そこそこの大学という事で周りの意識も高く、早い人だと大学1年生の頃から就活に向けた準備を始めてましたね。

 

ただ、僕が思ったのは「皆、資格やら語学やらの習得には必死なのに身だしなみに関しては割と無頓着なんだな」という事。

 

就活においては、実績や経験などはもちろんですが、その人の第一印象も重要だったりします。

 

最終的には一緒に働くわけですから、どんなに成績が良かろうが「この人は不潔で嫌だな」と思われてしまったら終わりなのです。

 

そして、その第一印象を決める大きな要素が顔です。

 

「人は顔じゃない!」と反論される方もいるかもしれませんが、残念ながら顔です。面接のわずかな時間内では、外見が大きな判断材料になってしまうのは仕方ありません。

 

したがって、イケメンであるかどうかは別として最低限の清潔感は必要になるでしょう。

 

 

特に営業職などを希望する場合は非常に大事なポイント。

 

青々としたヒゲが残っているようでは、とてもじゃないですが清潔な印象は与えられませんよね?

 

この時点で他の人よりも遅れを取ってしまう事になるというわけです。

 

そうならないためにも、なるべく口周りを綺麗にしておく事は就活においても有効なのです。

編集長
もちろん、ヒゲが無いからといってそこまで劇的に有利になるかと言われればそういうわけでもないでしょう。ですが、ヒゲがある事によって不利になる可能性は限りなく高いため注意した方が良いと思います。

 

3脱毛の効果が出やすい

 

ヒゲが濃くなる主な原因には男性ホルモン「テストステロン」が大きく関係していますが、このテストステロンは20代をピークに増加すると言われています。

 

年代別「テストステロン」の変化

 

つまり、大学生である20歳前後が最もヒゲの生え揃う時期という事ですね。そう考えるとヒゲ脱毛を始めるにはちょうど良い頃合いなのです。

 

また、ヒゲの太さは年齢によって比例すると言われています。

 

 

年齢を重ねる分だけヒゲは濃くなっていくので、脱毛にかかる手間も増えます。

 

そうなれば、痛みが強くなるだけではなく通う回数や費用も余計に増えてしまうでしょう。

 

したがって、ヒゲがだいたい生え揃う年齢かつまだそれほど太くない大学生の頃こそが最も効率良く脱毛効果を得られるタイミングというわけですね。

編集長
頑固なヒゲに成長する前に処理しておくと、無駄な手間と時間がかからずに済みます。

まとめ

 

以上が僕が大学生のうちにヒゲ脱毛をおすすめする理由です。全て経験則に基づいたものなので、割と説得力はあるかと思います。

 

大学生というと、何かと金銭面が自分へのストッパーとなりがちですが、それさえクリアできるのであればやはり時間的な面での強みというのはかなり大きいです。

 

社会人になると冗談抜きにヒゲ脱毛へ通いにくくなるため、多少の無理をしてでも早めに済ませておいた方が良いかと思います。

 

最近では分割払いで脱毛を受けられるところも多いので、金銭的に厳しいようであればまずはカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

 

学生のアルバイト代くらいでも無理なく支払いができるようなプランを一緒に考えてくれるはずですので。

 

 

この記事があなたにとって少しでも参考になれば幸いです。

 

この記事のまとめ
時間的に余裕のある大学生はヒゲ脱毛を開始するのは絶好のタイミング。社会人になると本当にヒゲ脱毛へ通うのが難しくなるため、始めるならなるべく早めに決意した方が良い。

 

おすすめの記事